フォレルパージュ (Faure Le Page)

の詳細情報
No image
Country フランス

QuestionFaure Le Page(フォレルパージュ)とは

1717年、パリにて創業。
ルイ15世時代に始まり、ルイ16世の猟銃やナポレオンのサーベルなど、もともとフランス王侯貴族御用達の鉄砲工であった。
創業以来7代に渡りメゾンを継いできた ル・パージュ家は、20世紀に入るとハンティングに使用する猟銃ケースやブーツケース、獲物を入れるバッグなどのレザーグッズを作るようになる。
トートバッグの取っ手部分はエルメスのエトリヴィエールショッピングバッグの様に片側にバックルがついており、長さの調節が可能で、ショルダー掛け、手提げと持ちやすいように工夫されている。

現在は、ハンドバッグ及びクラッチバッグやトートバッグを中心に展開、 アクセサリーのポンポンやポシェットジップをトートバッグに付けてお洒落と機能性を追求。

歴史は古く、一番小さいメゾンとなっており、店舗はフランスのパリに2店舗存在するのみとなっている。
かつての武器から、現代の女性たちを「魅惑する武器」として変遷し、2012年にはパリのカンボン通りに初のフラッグシップショップをオープン。
さらに、2014年9月には阪急うめだ本店にオープンし、日本上陸を果たす。このショップは、パリのフラッグシップショップ、ギャラリー・ラファイエットに続く、世界3店舗目。

SNAPFaure Le Page(フォレルパージュ)のアイテムを取り入れたコーディネート