ボーイロンドン (BOY LONDON)

の詳細情報
No image
Country イギリス

QuestionBOY LONDON(ボーイロンドン)とは

「ボーイ ロンドン(BOY LONDON)」はイギリスのファッションブランド。1977年にステファン・レイナー(Stephane Raynor)がスタートした。その後、シド・ヴィシャスなどが通っていたショップ「アクメアトラクションズ」のオーナー ジョン・クラヴィン(John Krevine)と、ロンドンのキングスロードにショップ「ボーイ ロンドン」をオープン。(アクメアトラクションズを閉店してボーイ ロンドンをスタートさせた。)
パンクのパイオニアであり中心的な役割を果たしたショップ・ブランドの1つであり、ユースカルチャーに根ざしていた。マルコム・マクラーレンとヴィヴィアン・ウエストウッドが経営していたショップ「セックス」(後のセディショナリーズ)と比較されることが多く、当時はライバル店として有名だった。
80年代になるとパンクのムーブメントが終わり、時代はニューロマンティックスにシフト。この時もボーイ ロンドンは中心的な役割を果たし、80年代のアイコンともなるボーイ・ジョージなどに支持された。支持層はミュージシャンやセレブリティにも広がり、ボーイ・ジョージの他に、エルトン・ジョン、マドンナなどが着用した。
80年代が終わるころには翼を広げたイーグル(鷲)のロゴも定着し、最もコピーされるブランドの1つとなった。しかし、そのようなコピーが出回る中で、ブランドのコントロールが利かなくなり、クラヴィンはブランドを離れ、90年代半ば頃にブランド休止。
現在、レイナーは、ロンドンのBrick Laneでヴィンテージショップを運営している。ボーイ ロンドンは、活動休止後もコピー品が出回り、また、ヴィンテージマーケットで人気を集めるなど存在感を見せた。
2012年、ボーイ ロンドンとしての活動を再開。ロンドンアンダーグラウンドシーンから再び火が付き、リアーナ、ニッキー・ミナージュなど世界のファッションアイコンが着用し、世界中で話題沸騰。ストリートシーンで注目を集めている

SNAPBOY LONDON(ボーイロンドン)のアイテムを取り入れたコーディネート