アレキサンダー・マックイーン (Alexander McQueen)

の詳細情報
Alexander McQueenの写真
Country イギリス
makerメーカー マックイーン社PPR

QuestionAlexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)とは

ブランドの始まり
1992年、アレキサンダー・マックイーンが自身の名を冠したブランドを立ち上げる。

アレキサンダー・マックイーンについて
アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)は1969年タクシーダライバーの子供としてロンドンに生まれる。

中学卒業後、パブで仕事をしていたが長くは続かず、仕立屋職人が人手不足というニュースをたまたま見たことがきっかけで、サヴィル・ロウの仕立職人の見習いをはじめる。ここからファッションのキャリアがスタート。アンダーソン&シェパード、ギーブス&ホークスで計3年間仕立てを学び、ロンドンの舞台用の衣装を扱うバーマンズ&ネイサンズでキャリアを積む。その後、コージ・タツノの元で働くが、間もなくコージ・タツノが倒産。これを機にイタリアに渡り、ロメオ・ジリ等の下でキャリアを積む。

ロンドンに戻り、セントマーチンズにパターンカッティングの講師として雇われる。このとき若干21歳。また、その間セントマーチンズの大学院課程を卒業する。

91年、卒業コレクションの時に、「ヴォーグ」のエディターの目に留まったことがきっかけでデビューが決定。92年、自身のブランド「アレキサンダー・マックイーン」を立ち上げる。93年、ロンドン・コレクションにてデビュー。96年、ジバンシーのデザイナーに大抜擢される。当初はそのコレクションを酷評されるが徐々に認められる。

96年、ブリティッシュ・デザイナー・オブ・ジ・イヤーを受賞。若干26歳での受賞だった。99年、活動の本拠をロンドンからニューヨークに移して話題を集めるが、2000-2001A/Wより再びロンドンでコレクションを発表。この時カジュアルライン、「マックイーンズ」を開始。

2000年、マックイーン社株をグッチのグループ運営企業に売却し、傘下に入る。自身のブランドでグッチについたため、ジバンシー社の親会社に当たるLVMHと喧嘩別れとなり、契約期限の終了前にデザイナーを更迭される。2002S/Sより自身のブランドをパリコレクションにて発表。同年「ハンマツ・オブ・サヴィルロー」が縫製するクチュールのメンズコレクションを発表。

2006S/S、プーマとのコラボレートでコレクションを発表。また、2007S/Sシーズン、サムソナイトの高級ラインであるブラックレーベルとのコラボレーションで、クロコダイルのレザーを使用したキャリアケースなどが発売された。

2009年、ターゲット(Target)との限定コラボライン「McQ Alexander McQueen for Target」を発表。

2006S/Sからセカンドラインでトレンド指向のカジュアルウェア「マック(McQ)」をスタート。同年、英国赤十字のチャリティのためにブシュロンとコラボレートしたノヴァック・バッグを発表。

アレキサンダー・マックイーンのライン
・マック(McQ)- セカンドライン

コメントおよび補足
アレキサンダー・マックイーンがジバンシーに抜擢された当時のコレクションは、周囲から酷評されました。新聞雑誌などのインタヴューにて、本人もその時期は精神的につらかった時期と語っています。例えば、オートクチュールにモデルを使わずにマネキンを使用。これはクライアントの年齢層を考えると若いモデルよりもイメージしやすいからという理由でした。その他、ファッションショーでもモデルの顔にペインティングをして、モデルの感情・表現力を取り払うスタイル、等をとるなどしました。

マックイーンは「まず、ブランドの歴史やユベール・ド・ジバンシーの時代を全て忘れることからはじめたんだ。」との本人のコメントにあるように、自分流のデザインをしていきました。これがファッション業界では不評でした。マックイーンの就任後、売上も伸びたのですが、過去のブランドの方向からは外れ、あくまでマックイーン流を貫いたデザインを、より機能的にしたためでした。

このように伝統等を無視したスタイルをとり、誰かまわずいいたい放題の性格からか、公私にわたってゴシップのネタにされることが多いようです。

マックイーンの本質は形式的なものからの反発にあるように思います。以前、マックイーンはショック・アーティストのダミアン・ハースト(ガラスのケースにサメを入れて刃物を突き刺した人です。)に近いと語った批評家がいましたが、それも分かる気がします。

マックイーンはジバンシーの後、名門のメゾンのデザインを行っていませんが、これは名門のメゾンの制約の元で働くことに嫌気が差しているのが原因のようです。

日本をモチーフにした数年前のデザイン、それは日本の鎧を仕立ててドレスに替えてしまったデザインなのですが、これはい未だに印象深いデザインです。着ている女性がより「強い」と感じる彼のデザインの特徴は健在で、文字通り日本の伝統をモードに置き換えることで「破壊した」といえるのでないかと感じました。

SNAPAlexander McQueen(アレキサンダー・マックイーン)のアイテムを取り入れたコーディネート